不眠症の症状

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


アンケートNo.1の睡眠サポートサプリメント

不眠改善2014年11月に不眠症.comメール会員20〜60代の安眠サプリメントを愛用する方々にメールでアンケート調査を行いました。※500人を対象にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は452人そのなかで実感力で一番評価されたサプリが「天然ノニ」にクワンソウなどがはいった「マインドガードDX」。

「ベッドに入ってすぐに眠れる!」「睡眠薬がいらない」として不眠症に悩む方にバカ売れ!!ネットだけで販売実績10本突破と答えた秘密とは・・・
>>さらにくわしく

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠相後退症候群はひかくてき若い人に発病する傾向にあります。

睡眠の時間帯がちょうどいい時間帯よりも遅れてしまい、
そのために社会的に望ましい時間に入眠したり覚醒したりすることができない症状です。

中学生、高校生での発病も珍しくありません。

その理由としてゲームやインターネット、深夜テレビ、あるいは受験勉強などで、
夜中に遅くまで起きていたり、就寝が明け方になるような生活が続くと、
体内時計が後ろにずれて固定されてしまうからです。

人間には、早寝早起きで午前中から活動的な「朝型」と、
夜になると活動的になる「夜型」のタイプがあります。

なかなか寝つけないことから、不眠症だと思うことが多いのですが、
寝る時間が遅くなるだけで、睡眠時間は短くはありません。

きまった時間に起きなくてよい問は、遅寝遅起きで不都合はありませんが、
通学や通勤できまった時刻に起きなければならなくなると、
夜ふかしのしわ寄せが 朝に押し寄せます。

とくに学生の場合、春休みや夏休みなど長期の休み中に睡眠時間帯が遅くなりがちで、
休みが終わっても、もとの生活に戻すことができず、起きるのがつらかったり
体調がすぐれないために、学校を休んでしまうこともあります

さらに不規則な生活を送っていた学生が、就職しても朝起きられず、 遅刻、
欠勤を繰り返して、「やる気がない」「怠け者」などと誤解されクビになったというケースもあります。

社会にうまく適応できないコンプレックスから、ひきこもりになりやすく、ひきこもると
さらにリズムが乱れて、「非24時間睡眠覚醒症候群」に移行することもあります。

また、うつ症状が出やすくなったり、不安感が強くなったり、
朝、立ちくらみがする、だるいなど、体の調子も悪くなります。

よく、「低血圧だから朝が弱い」といいますが、リズムがずれていると、
なかなか血圧が上がらず、そのために朝は調子が悪いということも考えられます。

治療法として、不眠症とは異なり、体内時計そのもののリズムが狂ってしまいます。
単に睡眠不足を解消するのではなく、体内時計のリズムを元に戻すための方策が必要です。

早く眠ろうとして白己判断で睡眠導入薬などを使っても、
ほとんど効果は得られません。

まず、第一に実行すべきことは、眠くても毎朝、
きまった時刻に起きて明るい光を浴びることです。

毎日の睡眠に不満を抱える方に支持される「マインドガードDX」

mail:(必須)


HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。