不眠症の症状

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


アンケートNo.1の睡眠サポートサプリメント

不眠改善2014年11月に不眠症.comメール会員20〜60代の安眠サプリメントを愛用する方々にメールでアンケート調査を行いました。※500人を対象にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は452人そのなかで実感力で一番評価されたサプリが「天然ノニ」にクワンソウなどがはいった「マインドガードDX」。

「ベッドに入ってすぐに眠れる!」「睡眠薬がいらない」として不眠症に悩む方にバカ売れ!!ネットだけで販売実績10本突破と答えた秘密とは・・・
>>さらにくわしく

概日リズム障害について

概日リズム睡眠障害は、交代勤務によるもの、時差によるもの、睡眠相が前進あるいは
後進するもの、非24時間の睡眠・覚醒パターンをとるもの、高齢者によくみかける睡眠相が
バラバラにでるものなどがあります。

概日リズム睡眠障害は、生体リズムが外のリズムに
うまく同調できていないこといよって起こります。

一番メジャーなものは海外旅行などで経験する時差ぼけも概日リズム睡眠障害の一種です。
そして、夜勤勤務者に多い交代制睡眠障害などもふくまれます。

私たちは、いつもだいたい同じ時間に眠くなり、同じ時間に起きています。

これは睡眠や覚醒をはじめ、体温の変化、ホルモンの分泌などが、生体時計によって
ほぼ24時間の周期で繰り返されているからです。

そして、人にはいくつかの生体時計に支配さており、正常な状態では
複数のリズムの現状が同調して効率的に働いています

体内時計に乱れが生じると、複数のリズム間の同調関係が崩れることを脱同調といいます。

生体リズム間で起こる場合を内的脱同調と呼び、生体リズムと外部環境のサイクルとの間で
起こった場合は、外的脱同調といいます。

外的脱同調では、疲労感、胃腸障害、肩こり、頭痛などの自律神経障害、中途覚醒の増加や
持続時間の短縮などの睡眠障害が起こることが多くなります。

そして、ミスが多くなるので、事故を起こしていますリスクが高くなりますので注意が必要です。

また、概日リズム障害をもっている方は学業や社会生活に支障をきたしやすくなります。
昼夜が逆転してしまい、努力しても睡眠覚醒スケジュールが元に戻せず

学校関係者や同僚が対応に苦労する場面もおおいです。

mail:(必須)


HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。