不眠症 を改善する

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


アンケートNo.1の睡眠サポートサプリメント

不眠改善2014年11月に不眠症.comメール会員20〜60代の安眠サプリメントを愛用する方々にメールでアンケート調査を行いました。※500人を対象にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は452人そのなかで実感力で一番評価されたサプリが「天然ノニ」にクワンソウなどがはいった「マインドガードDX」。

「ベッドに入ってすぐに眠れる!」「睡眠薬がいらない」として不眠症に悩む方にバカ売れ!!ネットだけで販売実績10本突破と答えた秘密とは・・・
>>さらにくわしく

不眠症の症状について

眠りに対する悩みを人に相談することができない方も多いのではないでしょうか?
わたしだけこんなに苦しんでいるの?と思っているあなたへ

5人に1人が睡眠にたいして不満をもっているという研究があるのです。

3万2千人を対象とする調査では「目覚めの熟睡感がない」が24%と一番多く
「朝早く目覚めてしまうの」が22%、「夜何度も目が覚める」が20%

このように一口に睡眠に対する不満というってもこのような種類があります。そして 、
睡眠障害国際分類では睡眠障害は約90種類に分類されています。

ここで90種類を細かく説明するわけにもいかないので
ざっくりわけてみると次の3つになります。

睡眠の量ならびに質に問題があるもの

寝つきがわるい、睡眠中にしばしば目が覚めてしまう、まだねむいのに朝早く目が覚めてしまい再入眠出来ない。十分な時間寝たはずなのに熟睡した感じがない。数日間の一過性のものと1カ月以内の短期的なもの、1ヶ月以上続く持続的な睡眠の悩みがあります。

睡眠の時間帯に問題があるもの
夕方から眠って夜中におきたり、明け方まで眠たくならずに昼頃までおきられないなど
社会的に望ましい時間帯に寝起きをすることができないというものです。

睡眠中の異常現象について
睡眠時無呼吸症候群やいびき、足がむずむずするするなど身体の不快感から、睡眠の質が低下してしまいます。身体的な悩みも睡眠に悪影響をあたえるので注意が必要です。

不眠や過眠は健康的な人でも起こる可能性があるとても身近なものです。

居眠りやうたたねをしただけで入眠までに時間がかかったりするようになります。

ですから、自分の睡眠の悩みが病的なものなのか、
一過性のものなのかを理解することが症状改善の第一歩になります。

とくに過眠に関する検査は専門の病院でしっかりおこなうことが大切です。
自分でできることできないことありますが、自分のカラダの状況を知っておきましょう。

mail:(必須)


HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。