不眠症 を改善する

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


アンケートNo.1の睡眠サポートサプリメント

不眠改善2014年11月に不眠症.comメール会員20〜60代の安眠サプリメントを愛用する方々にメールでアンケート調査を行いました。※500人を対象にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は452人そのなかで実感力で一番評価されたサプリが「天然ノニ」にクワンソウなどがはいった「マインドガードDX」。

「ベッドに入ってすぐに眠れる!」「睡眠薬がいらない」として不眠症に悩む方にバカ売れ!!ネットだけで販売実績10本突破と答えた秘密とは・・・
>>さらにくわしく

メラトニンをトレーニング

メラトニンをふやすためにはどのような生活習慣をすればいいのでしょうか。

生活習慣をすべて変えることは難しいかもしれません。しかし、
一部でも変更していくことで健康的な睡眠を取り戻すことできるのです。

そして、ここで紹介するメラトニントレーニングをすることで
グッスリ熟睡を取り戻して、成人病の予防にもつながるのです。

@:毎朝きまった時間に起きる

古来より人は太陽が登っていくとともに生活し、月がでてくると寝ているという生活をしていました。

そんな時代に不眠症といった症状に悩んでいる人はいませんでした。つまりそれは、
体のリズムを地球のリズムに合わせることで快適な生活がおくれるという証です。

あたりまえですが、昼夜逆転の生活が続けば人は何らかの体調が悪化していきます
もちろん、宴会や商談などで夜遅くなり、睡眠時間が遅くなったとしても、

朝決まった時間に起きることで、それがカラダのリズムになり、目覚ましがなくても
自然に眠れるようになるでしょう。カラダにリズムを作ることで、1日を快適に過ごすことができます。

それによって睡眠リズムも整ってくるのです。

A:起きたら必ずカーテンを開ける

目を覚ましたら必ずカーテンを開きましょう。これは一日をすっきり目覚めさせるという
合図としても役割もありますが、太陽の光がメラトニンの生成には欠かせないのです。

30000ルクスというある程度強い光があれば間接光でもいいのですが、
一定の明るさが必要となります。とにかく、太陽の光を部屋の中に入れて

光を全身で感じるのです。曇っていても雨が降っていても意外と光はつよいので
毎日目が覚めたらカーテンをあけて窓のそばにたってみてください。

カラダと地球のリズムを整えることで健康に栄養がでていますので、
太陽をあびることによって体内リズムをリセットすることができます。

きまった時間に起こると言うことは、カラダに地球のリズムを教えているわけですから
夏は太陽が早く上り、冬は遅くなるという現実をカラダに覚えこませることが大切

メラトニンとセロトニンの分泌リズムができることで、日中はしっかりすごせて
夜はぐっすり眠れるようになるのです。

天候に関わらず、起きたらまずはじめにカーテンを開ける習慣をつけることで、
健康を取り戻すことができるのです。

B:軽いウォーキングをしてから仕事をはじめる

歩くことはセロトニンを分泌されるリズム運動です。
寝ている間はカラダの機能を使っていませんから、目が覚めて頭がぼーっとする人がいます。

それは日中しっかり活動するために欠かせないセロトニンがあまり分泌されていないからです。
1日中元気に過ごすために欠かせない。セロトニンを増やすためには一定のリズムがある
運動を行うことがいいと言われています。

歩くことで、ふくらはぎの収縮によって心臓への血液循環がよくなるだけではなく、
頭への血流がなくなるためセロトニン神経も活動が活発になるので1日中スッキリ過ごせます。

歩く時間帯は朝の10分から20分程度で十分です。動物実験からの結果でも、
運動をすることでセロトニンの分泌が促進されることは証明されています。

mail:(必須)


HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。