不眠症 を改善する

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


睡眠アドバイザー ごあいさつ

夜間に質のよい睡眠をとること、昼間十分に目覚めて活動力を高めることは、
心身の健康を保つうえで、極めて重要な課題です。

睡眠の問題に悩んでいる人の割合は
5人に1人と多いのですが、
睡眠の病気(=睡眠障害)は多岐にわたっています。

わたし自身も睡眠障害や自律神経失調症に苦しんだ経験をもち
その体験をもとに睡眠に悩んでいる方が質の高い睡眠を得ることによって

快適な生活ができるように支援していきたいという願いから
不眠に悩む方に不眠解消法を紹介しています。

睡眠アドバイザーを始めたきっかけ

睡眠アドバイサーとして不眠解消法を紹介するきっかけは
不眠症に苦しんだ体験にありました。それは、

私が43歳のとき、友人の事業の立ち上げを手伝うことになり、
昼間は自分の仕事をこなし、深夜から明け方にかけて、

新しい会社の立ち上げでベッドに入っても頭から
仕事のことが離れないほど、とにかく毎日がいそがしく

睡眠時間は2〜3時間程度、
気づいたら椅子に座ったまま寝ていたなんてこともしばしば

そんな生活を3ヶ月間ほど続けていると、突然・・・

深夜2時過ぎに、目がパチッと覚めるようになったのです。
はじめの何日かは、あまり気にしなかったのですが、
それが不眠症の恐怖の始まりでした

それから・・・

毎晩決まって2時過ぎに目が覚めて、
どんなことをしても、眠ることができず、

時計のコチコチという音だけが聞こえてきて 
このまま一生、眠れないのではないかという不安に襲われていき

朝になると、ゆうべもやっぱり眠れなかったと思って気分が重たくなり、
夕方になると今夜もまた眠れないだろうかと考えて、何をしても四六時中

不眠症の苦しみを忘れることができなくなってきました。
この苦しみからどうにかして逃れたいと

病院に行っても「慢性的な不眠症」と言われ
私の話すらまともに聞いてもらえず、睡眠薬を処方するだけでした。

睡眠薬に対して、不安感があったので

なにか良いものはないかと、インターネットで不眠症に効くと宣伝していた
健康食品を手当たり次第に飲んでみました。しかし

どれを飲んでもまったく効果はなく、眠れるようにはならず、さらに
これで眠れるようになるならと、

すがる思いで眠れるCDや怪しい熟睡マニュアルなど
「絶対に眠れるようになる」とうたっている高価な商品を試しても効果はなし・・・

そんな姿をみて、妻は私が少しでもよくなってくれるようにと願い、よもぎ青汁、ローヤルゼリー、
黒ごま、ウコン、アロエ、朝鮮人参などいろいろな健康食品を飲ませてくれました。それでも、

まったく眠ることはできず、体調は一向に回復しませでした。

さらに「なんとかにして不眠症を解消する方法はないか」と、
さまざまな睡眠関係の本や不眠症の人からいろんな情報を集めてくれました。

しかし・・・

あまりたくさんありすぎて、どれを信用していいのか分からなくなり、
かえって混乱するばかりでした。

そんなある日・・・

「栄養で不眠は消える」という新聞の隅に載っていた小さな広告を妻が見つけました。
そんなことで不眠が治っているなら、とっくの昔に眠れるようになっているよ!
と疑っていたのですが、「やっぱり、もしかしたらな」と気になって頭からはなれなかったので

その資料を送ってもらいました。

はじめは、半信半疑で資料を読みはじめたのですが、
そこ書かれていたことは今まで私が常識だと信じていたことは180度違う内容で、

なぜか“コレだ!”と直感するものがあり、
これでやっと不眠症が治ると思うとウキウキとして、心弾む気分になりました。そして

「なぜ不眠症に苦しみ、完治しないのか」がハッキリわかりました。
それは、ガス欠の車をどうにかして走らせようとしていたからなのです。

ガソリンが入っていない車にエンジンをかけてもウンともスンともいいません。
それと同じように、眠るために必要な脳内ホルモンが不足している状態で、

いくら薬を飲んでも、寝具を変えても、カウンセリングをうけても、
自然に眠れるようになるはずがありません。

つまり、自然に眠るためには必要な栄養が取れていませんでした。

改めて自分の食生活を見直してみると、
栄養価がメチャクチャだったことに自分でも驚きました。

眠るために必要なアミノ酸やビタミン類
ミネラルがほとんど取れていませんでした。

「よし、ここに書いてある食生活を実践すれば、
もう睡眠薬を飲まなくて眠れるようになる」と
胸をおどらせながらワクワクと1週間、1ヵ月と取り組んみました。しかし

薬を使わずにベッドにはいって目をつぶっているとさまざまなことが寄せては返す波のように、
過去の失敗や仕事のミスなど思いだしたくない出来事ばかり頭によぎり

1時間2時間と目をつぶっても一向にねむれるような気配がなく、
いやになって睡眠薬を飲んでしまうという毎日が続きました。

もちろん自然に眠れるようにはなりませんでした。

「あぁ結局この方法でもダメだったのか・・・」と、再び深い谷におとされた気分になりました。
期待をうらぎられてよけいにイライラしてしまい、いっそう眠れなくなってしまったのです。

しかし

睡眠に必要な栄養を考えて作っていた食生活をしていたのにも関わらず、
眠れなかった原因がわかりました。それは、晩ごはんを食べた後に、

試してガッテンを見ている時のことでした。
「現代の食品には栄養価が低下している」ということの特集をしていました。

それを見て、もしかしたらと思いました。
妻はわたしのことを考えて食事を作っていたのですが、

食品に含まれる栄養素が少なくなっていたのです。つまり、
栄養バランスは以前に比べて良くなっていたのですが、
眠るために必要な栄養を補えていなかったのです。

本に書いている栄養素を取ろうとして、
カロリーオーバーになってしまい肥満や糖尿病になってしまっては意味がありません。

もっと手軽にアミノ酸、ビタミン、ミネラルや酵素などの
栄養素を取る方法はないかと友人に相談したところ、これがいいよと、

ある飲み物を紹介してくれました。

最初は半信半疑で飲んでみると、はじめの3週間はまったく実感しませんでした。
あぁ騙されたと思ってたところ、1ヶ月を過ぎたあたりから、

朝のダルい感じがなくなり、スッキリとして

とうとう、睡眠薬を使わずにねむれるようになりました。
再び眠れるようになりました。もちろん睡眠薬は使ってしません。

苦しんだ不眠症をやっと解消することができいました。
このとき、喜びよりも安心感が大きかったような気がします。

この体験をもとに、この不眠解消法を世に広めることで、
私と同じように苦しむ 方々を救うことのできると思っております。

さらに、睡眠薬漬けに苦しむ方を救うことにもなると信じております。 

私は、日本の医療費の増大を防ぎ、日本の国民がいつまでも健康で、
幸福な生活を維持できるようにお手伝いをすることが使命とおもっております。


HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。