不眠症の原因

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


歳をとることで眠りづらくなっていく

年齢があがっていくと、睡眠の質がかわっていきます。
高齢者の一番大きい睡眠の変化は、「朝型」になるということです。

ただ、高齢者にも朝寝坊の人もいれば、早寝早起きの人もいます。

若い時に比べて目がさめやすくなったり、
眠りが浅くなったりするということをかんがじることが多いでしょう。

歳をとるにしたがって、つまり、早寝早起きになってしまうということです。

これは体質の変化なので、仕方がないことです。 むりに睡眠時間を延ばそうとしても、
朝早く起きてしまうことを変えることは難しいです。理由としては

活動量も年々すくなくなってるため、睡眠でカラダと頭を休める時間は短くてすみます。
一般的に60歳を超えると、1日の睡眠時間は6時間ほどで十分だと言われています。

これは髪が白髪になったり、薄くなったりする変化と一緒です。

極端に変化がでない場合は、睡眠時間の低下は心配することはありません。
目が覚めて日中に問題がなければその睡眠時間で十分ということなのです。

むりに20代のときと同じだけ寝ないといけないと
考える方が逆に不眠症を引き起こしてしまう原因
になります。

睡眠にこだわりをもちすぎると、逆に不眠症に苦しむことになるのです。

「8時間睡眠」がベストだという思い込んでしまい8時間寝れないから
不眠症だと思い込み飲まなくてもいいのに、睡眠薬等を飲んでいる方が大勢いらっしゃいます。

そして、頭がぼーっとしてさらに薬が必要になっているということもよくあります。

そのためにも、日ごろからリラックスをすることが大切ですし、
自分にあった睡眠法を取り入れていくのがいいと思います。

歳をとると睡眠リズムがどんどん前倒しになりメリハリが鈍くなったり
睡眠をうながすメラトニンの分泌量が減少することがわかっています。

そして、運動をしたときやお孫さんの相手をした夜は、
グッスリ眠れるということはないでしょうか

日中にしっかりと活動して光をたくさん浴びることで
メラトニンが良くでて寝つきやすくなります。

また、年を重ねると眠り自体があさくなるので
若い頃には気にならなかった騒音や光、寝具の状態が気になり

眠りにくくなることがあります。ですので、睡眠環境を見直すことも大切かもしれません。

毎日の睡眠に不満を抱える方に支持される「マインドガードDX」

mail:(必須)

HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。