不眠症の原因

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


過度なストレスが不眠症の原因になります

ご存知の通り、イライラやストレスを感じることが原因となって不眠症を引き起こすことがあります。
とくに気を張り詰めるような状態が続いてしまうとかなりの確率で不眠症を引き起こします。

私たちは日常生活においてストレスを受けりイライラしたりすると、緊張したり興奮したりします。
すると、これらは脳にとって”強い覚醒刺激”となります。

そして、不眠症に悩んでいる人で一番多いのは、ビジネスマンです。
仕事がおわって家に帰ったとしても、作業記憶が空になることはありません。

まして、自宅に仕事をもちかえったりしたり個人のパソコンで仕事の
続きなどをするという行為は寝る直前まで頭を働かせることで

横になってもあれこれ仕事のことが浮かんで寝付けなくなります。

そのため、就寝の際にストレスが解消できていない状態にあると、
なかなか眠りにつけないということがあります。

眠ることができなければストレスが助長され、悪循環に陥ることもあります。

このようなストレスあイライラによる不眠は、最初のうちは一過性であり一時的なものです。
ところが、ストレスの元がなくなったとしても眠れないことを過度に意識して、
眠ろうとすればするほど眠れなくなってしまい不眠が長期間に至ることがあります。

不眠にはさまざまな原因がありますが、その大半は、
ストレスのために就寝前にリラックスできていないことによるものです。

つまり、寝付きが悪い、あるいは眠れないというのは、ほとんどの場合、
ストレスがあるために体をリラックスさせることができず、
その結果、脳や体が覚醒から睡眠へ移行できないために生じます。

毎日の睡眠に不満を抱える方に支持される「マインドガードDX」

mail:(必須)

HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。