不眠症 を改善する

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


アンケートNo.1の睡眠サポートサプリメント

不眠改善2014年11月に不眠症.comメール会員20〜60代の安眠サプリメントを愛用する方々にメールでアンケート調査を行いました。※500人を対象にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は452人そのなかで実感力で一番評価されたサプリが「天然ノニ」にクワンソウなどがはいった「マインドガードDX」。

「ベッドに入ってすぐに眠れる!」「睡眠薬がいらない」として不眠症に悩む方にバカ売れ!!ネットだけで販売実績10本突破と答えた秘密とは・・・
>>さらにくわしく

不眠症の原因 薬の飲みすぎによるもの

日本人の5人に1人が眠る前に睡眠薬を服用しているという事実をご存じでしょうか?
睡眠薬を飲むことで簡単に長時間しっかりねむれるかもしれませんが、

睡眠のリズムを崩して無理やり寝かしつけている状態ですので
質は悪化して、眠気はよく朝まで尾をひくことも多いのです。

そして、薬の常習が続くことで薬がないと眠れないという
薬に支配されてしまう状態になってしまいます。

薬には、作用がある半面絶対に副作用というものが存在します。
そして、副作用がない薬というのは効果がない薬というものなのです

不安感や仕事のストレスから短期的に睡眠薬などを飲むことは否定しませんが、

慢性的に薬を飲み続けるということが異常なことである
ということを改めて考えてみませんか?

睡眠薬の最大の問題は耐性と習慣性です。

薬を毎日飲む人の多くは、自分が睡眠薬の
常用者だとは思わないと思います。

薬を飲んでできる睡眠は正しい睡眠リズムを妨害するので、
ノンレム睡眠がない睡眠に簡単になれてしまうのです。

ただし、副作用が怖くなってきたからといっていきなり薬を抜こうとすると
今までの反動としてさまざまな不快感がおこってしまいます。

なかにはまったく眠れなくなったりすることもあるかもしれません。
薬が完全に抜ければ、そのような不快感がなくなっていきます。

しかし、全く眠れない日が2〜3日と続くことで怖くなり、
睡眠薬を再び手にするかもしれません。

病気が悪化してもっと多くの薬を必要としたり、
手遅れの状態になったりという話もよく聞きます。

とくに生活習慣病などでは、当面の自覚症状がまったくなっても
服用を続けることがあるりますので、くれぐれも自己判断はせずに
健康な睡眠を手にすることはできないのです。

薬の副作用の出かたには個人差がありますので、

自分が飲んでいる薬が不眠と関係があるのかどうか、
主治医としっかり相談しながら、場合によっては

睡眠の専門の医師にも意見をもらって慎重に判断する必要があります。
そのためにも不快な症状や睡眠の状態を客観的につたえることが問題解決の近道です。

お医者さんにとってあなたの説明が薬の処方をかえる唯一の手段です。

病気の治療のための薬には不眠症を引き起こす副作用があるという中で代表的なものに
抗結核薬のイソニアジド、降圧薬のレセルピンやメチルドパ、
抗パーキンソン病薬のレボドパ、インターフェロンなどがあげられます。

睡眠薬を飲む際はお医者さんに相談して自分の状況などを常に相談しておくことが大切です。

毎日の睡眠に不満を抱える方に支持される「マインドガードDX」

mail:(必須)

HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。