不眠症の原因

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


アンケートNo.1の睡眠サポートサプリメント

不眠改善2014年11月に不眠症.comメール会員20〜60代の安眠サプリメントを愛用する方々にメールでアンケート調査を行いました。※500人を対象にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は452人そのなかで実感力で一番評価されたサプリが「天然ノニ」にクワンソウなどがはいった「マインドガードDX」。

「ベッドに入ってすぐに眠れる!」「睡眠薬がいらない」として不眠症に悩む方にバカ売れ!!ネットだけで販売実績10本突破と答えた秘密とは・・・
>>さらにくわしく

不眠症の原因 間違った運動とは

眠れないと誰かに相談すると、かならず言われることに
「カラダをしっかり動かして疲れれば眠れるよ」といわれるかもしれません。

たくさん運動すれば、それだけよく眠れるというほど不眠症は簡単な問題ではありません

たしかに、入院生活などで昼間横になっている時間が長く、運動が決定的に足りないような状況では、 日中の覚醒度が下がってしまうので、夜の睡眠は浅くなりますし寝つきも悪くなります。

そのような、日中に屋外に出て軽い運動をすることで、
しっかりと覚醒度を上げることが、生活のリズムにメリハリをつけるために有効です。

午前中の早い時間に行なうのが適切ですから、朝のラジオ体操に参加したり、
午前中に日光浴をしながらごく軽い運動をするようにするとよいでしょう。

しかし、朝、定時に起きて学校や会社に通うような社会生活を送っている人に
とって日中の覚醒度はあまり問題になりません。

では、その場合には、どのような運動が睡眠にプラスに働くのでしょうか。

実験によると、体温が上がらない程度の軽い運動を長時間続けても、
よくも悪くも睡眠にはほとんど影響をおよぼしません。

いっぽうで、ストレスを感じるほど激しい運動は寝つきを悪くし、目が覚めることも増えます

さらに、ゴルフなどの勝負ごとのスポーツはストレスをためる
原因になってしまうので、睡眠には特に良くないスポーツです。

運動は、しすぎてもしなさすぎても不眠のもと。睡眠の質をたかめる運動の強さは、

運動中に汗がうっすらと出てくること呼吸が速くなるのが息苦しくないこと、

翌日に筋肉痛や間接痛が起きないことを目安に30分程度の
体温上昇をともなう運動が必要ですが、強い疲労感が残ってはいけません。

運動をする時間帯は、夕方後1時間たっていて、床につくまで2時間以上前がいちばん効果的です。

皇居の周りをマラソンしたり、スポーツジムに通ったりすることもいいですが、
1駅前でおりて歩いたり、エレベーターやエスカレーターにのらずに歩くなど
毎日の生活の一部として運動をすることが大事です。

mail:(必須)

HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。