不眠症の原因

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


アンケートNo.1の睡眠サポートサプリメント

不眠改善2014年11月に不眠症.comメール会員20〜60代の安眠サプリメントを愛用する方々にメールでアンケート調査を行いました。※500人を対象にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は452人そのなかで実感力で一番評価されたサプリが「天然ノニ」にクワンソウなどがはいった「マインドガードDX」。

「ベッドに入ってすぐに眠れる!」「睡眠薬がいらない」として不眠症に悩む方にバカ売れ!!ネットだけで販売実績10本突破と答えた秘密とは・・・
>>さらにくわしく

コーヒーの飲みすぎが不眠の原因

コーヒーを夜に飲むと眠れなくなるというのはあなたも知っていると思います。
コーヒー1杯にカフェインは100r程度含まれ、飲んで15分から30分で効果が表れてきます。

また、コーヒーやお茶は胃液の分泌が活発させて、利尿作用で膀胱に尿がたまってきます。
睡眠にはこれらの作用もよくないので、避けるに越したことはありません。

カフェインを分解するのにも約4時間かかりますから、
夕食時には飲まないほうがよいでしょう

コーヒーを毎日、習慣的に飲んでいる人のなかには、
午後や夕食時に飲んでも平気で眠れるという人もいますが、こういう人の多くは、

カフェインの効果が低いわけではなく、
慢性(まんせい)的に多めの睡眠負債を抱えているのです。

毎日8時間睡眠をして、一日の睡眠の収支のバランスはとれていても、
持ち越している寝不足が解消しないまま、次の日がはじまります。

午後には睡眠負債が増加して、覚醒度が下がってきますので、
コーヒーを飲まないわけにはいかなくなります

つまり、コーヒーを飲んでも眠れる体質なのではなくて、
コーヒーを飲んでいないとしっかり起きていられない状況にいるだけということです。

毎日3杯以上のコーヒーを飲む人は身体的にカフェインの依存状態にあります。

カフェイン中毒にある人がカフェインをひかえると、離脱症状が現れます。
風邪のひきはじめのようなだるさを感じ、長く続く頭痛に悩まされます。

朝起きて、コーヒーを飲めば頭の重い感じがすっきりする……という人は、
自分が慢性的な寝不足とカフェイン依存の状態にあ.ることを自覚しましょう。

コーヒーをたくさん飲んでいる人が午後のコーヒーをひかえると、
夕方から頭痛とだるさ起こり帰って眠れなくなります。

朝起きてコーヒーを飲むと頭がスッキリするという人は、慢性的なカフェイン中毒ですので
一度自分がどれぐらいのコーヒーをのんでいるのか記録をつけてみるといいでしょう。

mail:(必須)

HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。