不眠症の原因

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


アンケートNo.1の睡眠サポートサプリメント

不眠改善2014年11月に不眠症.comメール会員20〜60代の安眠サプリメントを愛用する方々にメールでアンケート調査を行いました。※500人を対象にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は452人そのなかで実感力で一番評価されたサプリが「天然ノニ」にクワンソウなどがはいった「マインドガードDX」。

「ベッドに入ってすぐに眠れる!」「睡眠薬がいらない」として不眠症に悩む方にバカ売れ!!ネットだけで販売実績10本突破と答えた秘密とは・・・
>>さらにくわしく

不眠症の原因 タバコの吸いすぎ

ふだん何気なく吸っているタバコも実は眠れない大きな原因になってたりします。

というのもタバコには40種類以上の発がん性物質が含まれており、
発がん性物質以外にも200種類ほどの有害物質が含まれていると言われています。

グッスリ熟睡だけでなく健康を手に入れたいなら今スグ禁煙をするしかありません。

タバコにはさまざまな有害物質がふくまれていますが一番の問題はニコチンです。

ニコチンという物質はじつは猛毒で、幼児ならタバコ0・5本、大人でも2本に
含まれる量で致死量を超えるといわれています。

肺から血流に乗ってわずか7秒ほどで脳内に到達し、
脳内のニコチン濃度は急激に上昇します。

ニコチンは興奮作用と鎮静作用の両方をもちますが、
喫煙習慣をもつ人の脳はニコチンが存在する状態に合わせて調整されているので、

ニコチンで満たされると快感覚とともに覚醒度が高まり、感覚の敏感さや不安が減少します。

喫煙すると頭がはっきりしてきて、集中して考えることができるいっぽう、
刺激を避けてリラックスした感覚になります。その代わり、

ニコチンが切れてくると覚醒度が下がり、感覚が過敏になり、不安緊張が高まります。

体内にとりこまれたニコチンは30分ほどで半分に減ります。
1時間もすれば離脱症状で頭がポーッとしてイライラした状態におちいるのです。

寝る前にタバコを吸うと、ニコチンのもつ覚醒作用で寝付きづらくなります

かといって1時間以上タバコを吸わないでいると、
離脱症状で不安や緊張感が増し、寝つきが悪くなります。

けっきょく、寝床でタバコを吸っては消ししながら、
ニコチン濃度がちょうどよくなるのを待つほかなくなるのです。

なんとか寝つけたとしても、寝ながらタバコは吸えないのでニコチンが摂取できず、
睡眠中にかならず離脱症状が現れます。

睡眠が浅くなるだけでなく、症状が強いとそこで目が覚めてしまい、
夜中に起きだして服吸わないとまた眠れないことになります。

睡眠をはじめとした健康がすべてタバコに
コントロールされてしまってしまう状態になってしまうのです。

吸うことで害しかないたばこです。今すぐやめるのがいいでしょう。

mail:(必須)

HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。