不眠症の原因

不眠症

無料の不眠解消法のご案内


アンケートNo.1の睡眠サポートサプリメント

不眠改善2014年11月に不眠症.comメール会員20〜60代の安眠サプリメントを愛用する方々にメールでアンケート調査を行いました。※500人を対象にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は452人そのなかで実感力で一番評価されたサプリが「天然ノニ」にクワンソウなどがはいった「マインドガードDX」。

「ベッドに入ってすぐに眠れる!」「睡眠薬がいらない」として不眠症に悩む方にバカ売れ!!ネットだけで販売実績10本突破と答えた秘密とは・・・
>>さらにくわしく

不眠症の原因 お酒の飲みすぎ

寝付きが悪いからと、お酒を飲むいわゆる寝酒

少量のアルコールは寝付きを良くする効果があります。しかし
毎日飲んいでると、深い睡眠を減らしてしまい、睡眠の質がわるくなります。

実は、お酒には飲めば飲むほど眠れなくなる悪循環があるといわれています。

理由は体内から寝酒が切れると、早期覚醒をしてしまいます。

また、酒は利尿作用がありトイレを近くさせるという問題もあります。
ですから、寝酒をしてムリヤリ寝ると深夜にトイレに行きたくなり、目が覚めてしまいます。

これも睡眠質を低下させる要因になります。実際、
中高年の男性にはひん尿が原因でしっかり眠れないと悩んでいる方も多いのです。

そして、寝酒の最大の問題点は「耐性がついてしまう」ということにあります。

寝酒を続けていると、同じ量でも寝つきがよくなる効き目が薄れてきます。

始めは、寝る前ビール一本でよかった寝酒が、何日か続けていくだけで
最初とは同じ量では十分な眠気がでなくなるため、

寝酒の量はどんどん量がふえていきます。
実はコレがアルコール依存症への第一歩になってしまうのです。

多くの人の場合、はやく効果がでることを期待しますから
量はおなじでアルコール度数が強いものに変えていきます。

最初はお風呂上がりのビールが、ブランデーやウオッカをいっぱい
と言う風になっていくことが多いのです。

アルコールの禁断症状で不眠になるという悪循環になるので
気付いたときには、二日酔いするぐらい飲まないと眠れなくなっていきます。

薬を飲むのが嫌だから 不眠症の解消として、お酒に頼ることが間違いなのです。

お酒は晩酌として楽しむ分にはまったく問題がありません。
眠るためとかのために飲むものではありません。

mail:(必須)

HOME


ホーム - 不眠症の原因 - 不眠症の治療 -プロフィール
運営者情報 - プライバシーポリシー - お客様の声 - サイトマップ

Copyright© 2011 不眠症.com All Rights Reserved. Poword by 不眠症について


サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。